ニュース

韓国への輸出規制?ホワイト国やフッ化水素の使い道や半導体とは?

こんにちは!ヒカリです。
今回はニュースでも取り上げられており、いろいろな場所で韓国への制裁として輸出規制をかけると言った情報が飛び交っていますがそのフッ化水素の使い道やそもそも半導体とは何か?と言う部分について今回は触れつつ今回の制裁が行われた際の韓国への影響等を少し考えてみようと思います。

韓国への制裁で輸出規制?

ネット上では韓国への輸出規制と言われていますが、どうやら厳密には輸出規制では無く優遇措置の撤廃となっているようです。この優遇措置と呼ばれるものが「ホワイト国」と呼ばれるものとなっています。

ホワイト国とは?

 ホワイト国の正式名称は「 輸出貿易管理令別表第3に掲げる地域 」となっています。加入国は現在韓国を入れて27カ国存在しており、所謂主立った先進国がホワイト国とされているようです。その選定基準は輸出管理のシステムが徹底されており、大量破壊兵器の拡散が起きることが無いことが明白であることが求められているようです。

ホワイト国のメリットは?

 ホワイト国になることで、輸出に関する手続きが非ホワイト国に比べ優遇されるようです。輸出規制には「リスト規制」と呼ばれるものがあり、これは軍事転用が容易で輸出する際に規制が必要なものがリスト化されているものです。このほかに存在するものが「キャッチオール規制」と呼ばれるもので、リスト規制に追加するほどのものでは無いが規制無しとは行かない物品を扱う際のルールになっています。そしてこのキャッチオール規制の対象外になる制度がホワイト国のようです。
 そしてキャッチオール規制の中に含まれているのが今回ニュースなどで取り上げられている高純度のフッ化水素であるエッチングガスやフッ化ポリイミド、レジストとなっています。つまり、輸出規制ではなく優遇措置の撤廃と言うのが今回の件の実際の動きのようです。

半導体とは?

 今回規制されると言われていた三種類の物品エッチングガス、フッ化ポリイミド、レジストこの3種類の具体的な使い道も気になるとは思いますがそもそも半導体とは何か皆さんご存知ですか?半導体と言われたら、あぁスマホとかの電子機器に使ってるやつねと答えることは出来るかもしれません。ですが具体的になんなのかと言われると答えられない人が大半では無いでしょうか?なのでまずは半導体とは何かと言うところから触れていこうと思います。
 皆さんは導体という言葉をご存知ですか?鉄などの金属は導体です。この対義語を聞けば導体の意味もピンと来ると思います。導体の対義語は絶縁体です。絶縁体と言えばゴムなんかが思い浮かびますよね。そうです導体とは電気を通す物質で絶縁体とは電気を通さない物質です。では半導体とはなんなのでしょうか?
 半導体とは導体と絶縁体の中間の性質を持つ物質のことを指します。温度が低ければ電気を通さず、高くなれば電気を通すと言う働きをすることで様々な電化製品の制御に欠かせない物質となっています。

フッ化水素とは?

 フッ化水素とは別名フッ酸と呼ばれ歯医者で間違って女の子に塗ってしまい亡くなってしまったと言う事件を聞いたことがある方もいるかもしれません。
 このフッ化水素は半導体を作る際に行うシリコン基盤を洗浄する際に欠かせない材料となっているようです。
 また、高純度のフッ化水素を作る技術を持っているのは日本のみでそもそもフッ化水素のシェアの80%近くを日本が独占している状態のようです。残りの20%は中国の企業のようですが、特許や技術の関係で半導体の生産に必要とされるレベルの高純度のフッ化水素を作成出来るのは日本のみと言うのが現状のようです。
 また、韓国は一度自国生産に着手したものの工場で大規模な事故が起きているので恐らく自国生産は難しいのではないでしょうか?
 そして高純度のフッ化水素はウランの濃縮にも使うことが出来るようです。

レジストとは?

 回路などの基板が緑色になっているのは皆さんご存知ですよね?この緑色の部分がどうやらレジストと呼ばれているもののようです。当然半導体の作成には欠かせない物品になっていると言うのは想像に難くないと思います。

フッ化ポリイミドとは?

 ディスプレイの製作や半導体の製作に必要なプラスチック素材で耐熱性や薬品による腐食に強い性質を持ち、どうやら保護膜の役割を担う物質のようです。

韓国への影響は?

 優遇措置を撤廃すると言うことで、手続きの手間が増えて許可が下りるまでの間にこれらの品目の在庫が無くなってしまう懸念はありますが輸出規制では無いのでネット上で飛び交っているようなレベルの影響は無いのかもしれません。ですが、手続きが通らない場合には実質規制のような状況になりかね無いので、もしそのような状況になった場合は韓国経済に対して大きなダメージが入ると思います。

日本企業への影響は?

 これらの物品を製造している企業は一時的に影響が出ますが、これらの物品事態が需要が高く韓国の半導体メーカー以外にも半導体メーカーはあるので、仮に韓国のメーカーが規模を縮小したとしても他国の半導体メーカーがそのシェアを奪うために拡大してくると思われるので、致命的なダメージと言えるほどの影響は無いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の措置は規制ではなく優遇措置の撤廃であったり半導体とは何か?3品目の使い道と言った調べてみないと知らなかった情報なんかもあったと思います。少しでも知識として蓄えていただければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)