ニュース

ロッベンが現役引退を発表!健康なのになぜ?驚きの理由とは

こんにちは!ヒカリです。
今回は現役引退を電撃発表した元オランダ代表のFWアリエン・ロッベンが引退発表した理由を調べてみました。

アリエン・ロッベンとは?

 アリエン・ロッベンとは1984年1月23日生まれで現在35歳。身長は180cm体重は80kgで出身地はオランダのベドゥムという地域です。そして利き足は左足です。ロッベンは元オランダ代表のFWで2000年に16歳でプロデビューを果たしました。ロッベンと言えば語らずには居られないのはカットインからのシュートでしょう。印象に残っている方も多いのではないでしょうか?また圧倒的なスピードを持つ足から繰り出されるドリブルに魅了された方もいるでしょう。
 また、バイエルン・ミュンヘンとの契約も終わりフリーになっていたこともあり、Jリーグへの移籍も噂されていただけに今回の電撃発表は残念で仕方ありません。
 彼は2004年に精巣腫瘍が発覚し摘出手術をしています。なので今回の突然の引退発表を聞いたとき病気での引退なのかと心配しました。ですが、調べていくうちにどうやら病気や怪我などの後ろ向きな理由では無いとわかりました。

ロッベンの引退理由とは?

 ロッベンの引退理由を海外メディアのサイトをまわって調べてみたところ彼は以下のような発言をしていたようです。

My love for the game and the conviction that I can still take on the world was up against the reality that things haven’t always gone the way I would have hoped and that I’m no longer a youngster of 16 who has no idea what injures can do to you.

“It is now time for the next chapter and I’m looking forward to spending more time with my wife and children and enjoy all the good things that lie ahead for us.”

 これらの文章を読む限り現役時代に精巣腫瘍を患ったりいくつもの怪我を経験しているロッベンはもう16歳の若者では無いので、健康な今のうちに辞めて妻や子供達との時間を過ごしたいと言うもののようです。

 現役でもまだやっていける状況での引退の電撃発表と聞くとどうしても後ろ向きなイメージになってしまいますが、やはり歳を取れば体の衰えによってどうしてもプレーの幅が狭まってくるのも事実だと思います。なので、彼のドリブルやカットインからのシュートが見れなくなるのは残念ですが、ロッベンの今後の人生が健康で過ごせるように願うばかりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)