ゲーム

【ブループロトコル】イージスファイターの使い勝手とスキル解説まとめ

こんにちは!ヒカリです。

ブループロトコルのアルファテストが始まりましたね。

ブループロトコルのイージスファイターについて紹介していこうと思います。

規約も変更になったのでスキルなんかの情報もどんどん載せていこうと思います。

イージスファイターってどんなクラス?

イージスファイターは剣と盾で戦うタンク的なポジションのクラスです。
スキルにはそれぞれヘイトを上昇させる効果がついているので、それらを駆使してタンク役をします。
盾は盾として機能していてガードが出来ます。ガードしたら0ダメージなので他の職よりも総体力はかなり高くなっています。
現状火力に関しては他の職をきちんと触っていないので比べられないです。

クラス専用ゲージ

イージスファイターにはシールドゲージと呼ばれる専用のゲージが存在します。
シールドゲージは盾の耐久値を表していて敵の攻撃をガードすると減少します。
0になるとシールドブレイク状態となり一定時間盾を使うスキルが使用不能になります。
シールドゲージは盾を使わずにいると時間経過で回復していきます。
なので基本はこのゲージを管理しつつ敵の攻撃を回避と盾で防いでいきます。

スキル

ここではスキルをひとつずつ解説していきます。

通常攻撃

通常攻撃とはそのままの意味でCDが無く基本となる攻撃手段です。
マウス操作では左クリックで出せます。

ブレイクスラッシュI・II

イージスファイターの通常攻撃。剣による4連続攻撃。
3撃目から方向入力することにより攻撃が派生する。
・ブレイクスラッシュI
方向入力を行わない時に発生する通常4連続攻撃。
4撃目ヒット時にエネミーを攻撃力ダウン状態にする。
・ブレイクスラッシュII
3撃目から方向入力した時に発生する4連続攻撃。
ブレイクスラッシュIよりも高ダメージを与える。

スキル説明にあるように通常攻撃は4連続攻撃となっています。

ブレイクスラッシュIは範囲はあまり広くなく、3段目が斬り上げ4段目が振り下ろしになっています。
攻撃力ダウンの時間はわかりませんでしたが、ボス戦等では基本的にこのデバフをつけ続けることになりそうです。

ブレイクスラッシュIIは範囲が広く威力もブレイクスラッシュIより高めに設定されています。3段目が突きで4段目が広範囲の横薙ぎになっています。
こちらは雑魚戦やデバフをかけた後での削りに使えそうです。

レギュラースキル

レギュラースキルとはマウス操作の右クリックに相当するスキルで、通常攻撃と同様に初期から使えるスキルです。

シールドガード

イージスファイターのレギュラースキル。
シールドによるガードを行い、
ガード中に通常攻撃入力でカウンターに派生する。
・シールドガード
入力中前方に盾を構えて攻撃をガードする。
ガードが成立した際にシールドゲージを消費する。
またガード成立時にアルティメットスキルのインターバルが減少する。
・カウンタースラッシュ
エネミーの攻撃に対してカウンターを行う。
盾を構えている最中に通常攻撃入力でカウンター待機状態となる。
大気中にガードが成立すると自動的に反撃を行う。
カウンター待機発動時にシールドゲージを消費する。

イージスファイターを使うには絶対外せないスキルです。
盾はガード可能な攻撃であればシールドゲージを消費してガードすることでダメージを0に出来ます。なので基本的にガードでダメージを抑えつつ戦うことになります。
シールドガードは右クリックを長押しすれば構え状態をいつまででも続けられます。ですが、シールドゲージがあるので無限にガードすることは出来ません。
シールドガードの発生はとても早く、通常スキルのモーションをキャンセルしてガードに移ることも出来るので基本的に攻撃中でガードが間に合わなかったということが無いのが嬉しかったです。
カウンタースラッシュは盾を構えている状態で通常攻撃を入力で1.5秒程度盾を構えたカウンター状態に移行します。その際にシールドゲージを1割程度消費します。そしてカウンター状態の際に攻撃を受けると強力な反撃を自動で行います。基本的には敵の攻撃にあわせてカウンタースラッシュを当てていく戦法になりそうです。ですが、カウンター状態の1.5秒が経過すると一瞬ですがガードも移動も入力出来ない時間が発生するのでカウンターを失敗すると痛い目を見てしまいます。

タクティカルスキル

タクティカルスキルはキーボードだとQERCに割り振られたスキルでメインで使っていくスキルになります。

シールドバッシュ

インターバル 8sec
イージスファイターのタクティカルスキル。
盾を構え、突進をするスキル
ヒット時にエネミーをスタンさせる。
発動中はガード状態になり、エネミーからの攻撃を防ぐことも出来る。

盾を構えて突進するスキルで通常よりは少し長い程度の射程。
発動中は盾を構えているのでガード状態になり、攻撃を受けてもガード出来ます。ヒット時にスタンが入るので敵によっては攻撃を見てからスタンでキャンセルさせる使い方になりそうです。

ブロウビート

インターバル 6sec
イージスファイターのタクティカルスキル。
広範囲のエネミーを攻撃すると同時に
自分の狙われやすさも上昇させる。

イージスファイターの遠距離スキルその1
自分の周囲にダメージを与えつつヘイトを上昇させるスキル。
基本的に隙は小さいのでCD毎に撃ってヘイトを稼ぐためのスキル。
範囲はそこそこ広いので乱戦になっている時は中心で使えば大体全員にあたる。

ディバイドスラッシュ

インターバル 7sec
イージスファイターのタクティカルスキル。
剣を一閃し、エネミーを貫通する衝撃波を放つ。
2回まで連続で放つことができ、
エネミーからの狙われやすさが上昇する。

イージスファイターの遠距離スキルその2
かなりの遠距離まで攻撃が届く。
スキルボタンを2回入力することで2回攻撃が出来る。
これもヘイト上昇効果があるのでCD毎に使っていく。

フォートレス

インターバル 20sec
イージスファイターのタクティカルスキル。
一定時間シールドゲージを消費せずにガードが行えるようになる。
周囲のパーティーメンバーのダメージも軽減する効果も持つ。
発動中、ガードに成功したとき、
フォートレス以外のスキルと、
アルティメットスキルのインターバルを短縮する。

効果時間は6秒でその間はシールドゲージを消費せずにガードが出来るので実質無敵。
スキルのCD短縮効果は確認していなかったのでどれくらい短縮されるかは分からないが、6秒ガード不可以外の攻撃を全て防げると言うのはかなりのぶっ壊れスキルの予感しかしない。

ヒールスキル

恐らく全クラスが1つのヒールスキルを所持していると思われます。

ヒール

インターバル 30sec
イージスファイターのヒールスキル。
自分と範囲内のプレイヤーを回復させるオーラを放つ。

自分中心の範囲ヒール。単発で回復するので固まっている瞬間に適当に撃ったり減っているプレイヤーに近づいて適当に撃てるのが強み。

アルティメットスキル

アルティメットスキルはキーボードだとTabキーに割り振られた必殺技になります。

ジャッジメントシールド

インターバル 100sec
イージスファイターのアルティメットスキル。
前方に衝撃波を飛ばす広範囲攻撃。
ヒットした対象を大きくのけぞらせる。
また発動時にシールドゲージを全回復する。

ちょっとしたムービーチックなカメラワークと共に発動するスキル。
威力は高く、また隙も大きい。
CDが100秒とずば抜けて長く、発動時にシールドゲージを全回復と言う効果があるのでシールドが削られすぎた時の保険か仰け反りがあるので相手の行動をキャンセルしたいがシールドバッシュが無い時の保険のどちらかとしての運用になりそう。

まとめ

イージスファイターはガードを駆使することでヘイトを集めつつカウンターで攻撃するということが出来るのでアクションゲームをしているという感覚がとても強く楽しかったです。スキルはどれも癖が無く使いやすいスキルばかりで立ち回りも相手の攻撃をじっくり見ることが出来るので初心者でもと言いたいですがヘイト管理があるので初心者向けではないかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)