ニュース

ディープインパクトが頸椎骨折で安楽死!なぜ治療しないのか?また寿命は?

こんにちは!ヒカリです。

競馬をしない人でも知っているディープインパクトが安楽死することになったと言うニュースを見ました。

頸椎骨折により起立不能になったことが安楽死となる原因となってしまったようです。

ディープインパクトと言えば数々の伝説を残した名馬なのになぜ治療せずに安楽死と言う選択をしたのか、今回はその理由について紹介していこうと思います。

ディープインパクト安楽死の理由は?

ディープインパクトが安楽死と言う選択になっていしまったのには頸椎の骨折が原因のようです。ディープインパクトは頸部の治療を以前からしていたのですが、手術を受けた翌日に起立不能になり、30日にレントゲン検査をしたところ頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死と言う選択になったようです。

ディープインパクト号 急逝のお知らせ
 
弊社にて繋養しておりましたディープインパクト号ですが、
かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました。
手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、
翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。
30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、
回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました。
突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、謹んでお知らせいたします。

引用:ディープインパクト号 急逝のお知らせ

頸椎の治療を以前からしていたそうなので遠からず起こりえたことなのかもしれません。また、手術に於いても恐らく獣医のプロが行ったことは想像に難くないので、仮に手術が原因となっていたとしてもそれは仕方の無いと言ったら御幣があるかもしれませんが仕方の無いことだと思います。

競走馬は骨折すると安楽死が多い?

実は競走馬は骨折した場合には安楽死となるケースがかなり多いようです。

人間基準で考えると骨折をしてもギブスをしてくっつくまで待てば治るじゃないかと簡単に考えてしまいがちですが、馬の場合は話が違ってくるようです。

馬の場合骨折をするとしたら足が骨折することがほとんどなのですが、馬の体重は400kg~500kgとなっており一本の足が大体100kg~125kgほどの体重を支えている計算になります。足が折れると単純に3で割っても133kg~166kgとかなりの体重が足にかかる計算になります。実際には右前足が折れると左前足の負担が大きくなります。

なので、骨折が直る前にその重さに他の足が耐え切れず他の病気を併発する可能性がとても高いようです。他の病気が併発して更にそれが悪化していくと最終的には衰弱死や痛みによるショック死となってしまうことが多いようです。

馬は寝たきり治療が出来ない?

また、ディープインパクトは立てないと言う話だったのですが馬は基本的に横になることは少なく立って寝ることもある動物です。

そんな馬が寝たきりになるというのは難しく、また寝たきりになると馬は体重が重いので地面に接している部分が床ずれのようになってしまいます。なので寝たきりと言うのは馬には難しいようです。

馬の平均寿命

馬の平均寿命は20年~30年となっており、ディープインパクトは17歳と言うことなのでかなり早い訃報になってしまったようです。

まとめ

ディープインパクトは競馬を知らない人でも名前を知っているほどの名馬だったので、頸椎の骨折と言うことで治る見込みが無く安楽死と言うことに決まってしまったことは残念で仕方ありません。
ですが、種馬としても活躍していたようなのでディープインパクトの子供が活躍することを祈ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)