ニュース

平山あや妊娠したら高齢出産!?リスクや母体への影響を解説!

こんにちは、ヒカリです!

平山あやさんと速水もこみちさんが婚約発表をされました。

現在妊娠はされていないようですが、今後子供が欲しいと思った際に問題になってくるのが年齢です。

現在平山あやさんは35歳と言う事で高齢出産の基準値である35歳に乗ってしまっています。

そのため平山あやさんは高齢出産と言う事になり、今後子供を産むとなった際には出産の際の母体と子供にかかる負担が大きくなっているようです。

今回はそんな高齢出産のリスクや母体への影響を調べてみたので解説していこうと思います!

高齢出産のリスクは?

さて、速水もこみちさんとの結婚と言う事ですが冒頭ででも紹介したとおり平山あやさんは35歳と言うことで高齢出産の基準値である35歳と言うラインに乗っている形となっています。

そうなってくるとやはり気になるのは高齢出産のリスクです。

高齢出産のリスクと言うものは一体どんなものがあるのかここからは詳しく解説していこうと思います。

そもそも妊娠しづらい

高齢出産となると一番初めに問題になるのは不妊問題だと言われています。

卵子も老化するため、年齢を経るにつれどんどん妊娠しづらくなっていくようです。

そのため若い頃は欲しいと思っていなかったが高齢になってから子供が欲しいと思ってもなかなか子供が出来ないと言う事態が発生してしまうそうです。

まだラインの35歳を踏んだばかりなので大丈夫かもしれませんが、年齢が上がれば上がるほど妊娠しづらくなるようです。

流産や早産、死産の確率が上がる

高齢になればなるほど卵子が老化することによって受精卵の染色体異常が増加することによって、流産や早産、死産といったリスクが上昇します。

全妊娠のおよそ15%くらいは自然流産になると言われているようです。

高齢出産の流産の確率は35歳ではおよそ25%の確率で流産となってしまうと言うデータもあるようです。

また、流産の危険は安定期を過ぎれば大きく下がるのでもしかしたら妊娠はしているものの安定期にはまだ入っていないので公表していないと言う可能性もありますね。

ダウン症などの染色体異常のリスクが上昇する

先ほどの項目でも説明したとおり、高齢になればなるほど染色体異常がおきやすくなってしまうようです。

そのためダウン症や自閉症などの先天性の異常が発生してしまう可能性が高くなっています。

35歳では30歳の二倍の確率まで高まり、40歳では80人にひとりの赤ちゃんがダウン症になってしまうと言われているようです。

ですが、葉酸サプリの摂取で確率を下げることが出来ると言われているのでダウン症の子供が生まれてくる確率と言うのは実際にはもっと低いようです。

母体への負担が大きくなる

高齢出産の障壁となるものとして母体への負担が大きくなるというものがあります。

その中でも一番大きい問題が難産になりやすいというものです。

高齢で初出産の場合には、子宮口や産道が硬くなっているため難産になりやすいようです。そのため帝王切開になる可能性が高くなってしまいます。

また、どうしても若い頃と比べると体力は落ちてしまうので出産の際の負担や産後の回復など体力が求められる部分で若い頃よりも負担がかかってしまうようです。

高齢出産と言ってもラインに乗ったばかりの平山あやさんであれば運動などもされていると思うので体力に関してはそこまで心配しなくても大丈夫かもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今はまだ妊娠されていないようですが、妊娠となった場合には高齢出産となってしまうようです。

高齢出産には母子共にリスクがあるのでもし妊娠となった時には周りのサポートが普段以上に重要になってきそうです。

平山あやさん速水もこみちさんこの度はご結婚おめでとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)