テレビ

天明麻衣子父の喫茶店の場所は?昔はJALでローマ法王をアテンドしたことも!?

こんにちは!ヒカリです。

8月16日に放送される「爆報!THE フライデー」の予告に「天才クイズ女王Tの父親はローマ法王とも関わりのあるとんでもない人物だった!」と書かれていて気になったので調べてみました!

するとどうやら天明麻衣子さんのことのようだったので今回は天明麻衣子さんとその父親の天明幸雄さんについて調べてみたので紹介していこうと思います。

天明幸雄さんのプロフィール

本名:天明幸雄

年齢:67歳

愛称:テンパパ

職業:喫茶店のマスター

天明麻衣子さんと天明幸雄さんのツーショットです。

この写真を見る限り天明幸雄さんはとても穏やかな印象を受けました。

また、親子の仲はとても良さそうですね!

現役時代はJALの客室乗務員だった!

天明幸雄さんは現役時代はJALの客室乗務員をされていたようです。

そして天明幸雄さんは国際線でチーフパーサーを務めていました。

チーフパーサーとは客室乗務員の責任者!

チーフパーサーと言うのは客室乗務員の責任者で客室乗務員を取りまとめたり主にファーストクラスでの応対をするようです。

チーフパーサーと言われてもピンと来ませんでしたが客室乗務員の責任者でファーストクラスの応対をする人と言われるとその凄さがわかりますね!

ローマ法王をアテンドしたこともある!

どうやら天明幸雄さんはチーフパーサーとして勤めている間にローマ法王をアテンドしたこともあるようです。

爆報!THEフライデーのローマ法王とも関わりのあるとんでもない人物だった!と言う部分はこのチーフパーサーとしてローマ法王をアテンドしたことだったようです。

ローマ法王のアテンドとなると恐らく誰を乗せるのかと言うところまで細かく決めていると思うのでその中で選ばれると言うのはとてもすごいことですね。

天明麻衣子さんの名前をカジノにしようとしていた!?

チーフパーサーを務めていた天明幸雄さんですが、実は天明麻衣子さんが生まれた際に名前を「天明カジノ」と名付けたかったようです。

天明麻衣子さんが生まれた際に天明幸雄さんはロンドンのカジノにいたようで、折角だしカジノって名前にしようとなったそうです。

それに反対したのは天明麻衣子さんの母親ではなかったようです。天明麻衣子さんの母も割りと乗り気だったようですが、祖父母が反対したのでやむなく麻衣子になったそうです。

名前がカジノと聞くとドキッとしてしまいますが、漢字で「梶乃」だったようなので割となんとかなりそうな気がしてきますね!ですが流石におじいちゃんおばあちゃんが止めたようで麻衣子になったようです。

このエピソードを聞くとわりとお茶目な人なのかなと思ってしまいますね!

現在は喫茶店のマスターをしている

現在はJALを退職し、喫茶店のマスターをしているようです。

退職後に喫茶店を開いてみたいと言う人は結構居ると思います。

天明幸雄さんもそんな夢を昔から持っていたのかな?と思ったのですがどうやらそれも頭の片隅にはあったかもしれませんが別の理由のようです。

喫茶店を始めたきっかけはのんびりとした生活に飽きたから!?

実は退職後にしばらくはのんびりとした生活をしていたそうなのですが朝食を食べているつもりが夕刊が届くような生活になってしまいそんな生活には飽きてしまったようです。

車1台分くらいの初期投資は自己資金で賄えそうだと言うことで店を構えたそうです。

飽きたから始めてみようかなと思って喫茶店を始められると言うのはかなり老後の資金に余裕がありそうですね!

そんな幸雄さんの考えに麻衣子さんは賛成!

喫茶店を開くと知った麻衣子さんは「父の一番の持ち味であるコミュニケーション能力の高さが発揮できると思ったので賛成した」と仰っていたようです。

確かにJALでチーフパーサーとしてローマ法王をアテンドした天明幸雄さんのおもてなし力は喫茶店でもかなり必要なスキルだと思います。

JALのチーフパーサーのファーストクラスのおもてなしをしてもらえる喫茶店すごく気になりますね!

天明幸雄さんが開業したのは「茶房・はちはち」

天明幸雄さんは2018年8月8日に新小川町に「茶房・はちはち」と言う喫茶店をオープンしました。

開業したのは丁度去年の今頃と言う事になりますね!

名前の由来は誕生日と設計図!?

「茶房・はちはち」の「はちはち」は天明麻衣子さんと天明幸雄さん、そして天明麻衣子さんの母の3人の誕生日に8が含まれていたから「はちはち」になったようです。

また、「茶房」は内装業者が作った設計図に「仮称・天明茶房」と書いてあったのを見て言葉の響きが良かったので拝借したようです。

もし内装業者の設計図に「天明喫茶」や「天明カフェ」と書かれていたらどうなっていたのか気になりますね!

店員は幸雄さんの弟子たち!?

どうやら店員も天明幸雄さんが指導していたキャビンアテンダントのようです。

そのため従業員全員が接客のプロだったと言うことで普通の喫茶店とは違った接客をしてもらえるのではないでしょうか?

トイレにこだわっている

喫茶店を始めるにあたって内装はとても重要ですよね!

ですが内装を決める際に軽視されがちなトイレですが天明幸雄さんはトイレの内装にもかなり力を入れているようです。

トイレは全員が使うわけではないですが、やはりトイレにもお金がかかっているのが分かるとお店を大事にしているのが伝わってくるのでお店に対する印象もかなり良くなりますよね!

コーヒー豆は一流ホテルで使っているものを使用

喫茶店と言えばコーヒーと言うことでコーヒー豆にも相当こだわっているようで一流ホテルで使用されているコーヒー豆を使用しているようです。

ですが、立地があまりよくないということで450円で提供しているようです。

おいしいコーヒーが450円で飲めるなら多少の立地が悪くても通いたくなっちゃいますね!

場所の決め手は「隣のお店の食事がおいしかったから」

なぜ立地があまりよくない場所を選んだのかと言うともちろん他の場所だと家賃が高かったからと言うのもあるようですが、決め手となったのは「隣のお店の食事がおいしかったから」だそうです。

喫茶店は軽食は食べれますがやはり食事がメインでは無いので食後に一服する場所と言う考えなのでしょうね。

クリームソーダに濃さ調整用に炭酸水がついてくる!?

元チーフパーサーの天明幸雄さんがマスターをしていて元キャビンアテンダントの方々が店員をしている茶房・はちはちですが、調べていたらとんでもないおもてなしがあったので紹介します。

引用:https://ameblo.jp/franco-japonais1/entry-12475207900.html

(↑クリームソーダを頼むと、”濃さ調整用”にウイルキンソンの炭酸水が丸1缶ついてくる)
 
 
はちはちの口コミサイトに、
「ファーストクラスのサービスが受けられる」とよく書いてありますが、
 
クリームソーダに、さりげなくウイルキンソンがついてたりするのも、その1つ?

引用:https://ameblo.jp/franco-japonais1/entry-12475207900.html

ファーストクラスのおもてなしとはこういうレベルを言うのかと驚きますね!

クリームソーダに濃さ調整用にウィルキンソンの炭酸水がついてきているなんて初めて見ました。

「茶房・はちはち」のお店情報

店名:茶房・はちはち

住所: 〒162-0814 東京都新宿区新小川町7−7

交通アクセス:飯田橋駅、神楽坂駅、江戸川橋駅から徒歩約10分

営業時間:10:00~19:00

定休日:無休

まとめ

いかがだったでしょうか?

天明幸雄さんがマスターをしている「茶房・はちはち」すごく気になりますね!

元チーフパーサーと元キャビンアテンダントが接客をしてくれる喫茶店と言う事で普通の喫茶店のおもてなしとは一線を画す接客のようですね!

コーヒーも一流の豆を使っていると言うことで飲んでみたいのですが、クリームソーダの炭酸水のサービスも見てみたいので気になる人は何度も足を運んでみることをオススメします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)